クレジットカードとは

VISAカード ここではまず、クレジットカードとは一体どんなものなのか、しっかり知っておきましょう。

お金がない時に使うカード…というような漠然としたイメージのまま、クレジットカードを利用している方も多いのではないでしょうか? 正しい知識を持っておくことはとても大切ですよ。

クレジットカードとは

クレジットは「信用」を意味します。 利用する側の信用に基づいて発行されるカードがクレジットカードというわけです。 クレジットカード(クレカ)は現金に代わる決済の手段であり、現金で支払う代わりにクレカを利用すると、支払いを後払いにすることができます。

簡単に言ってしまうと、支払いをする際に「ツケ」で買い物ができるカード…ということができるでしょう。 ですがあくまでも「ツケ」であって、必ず後で自分で支払いをすることには変わりありませんので注意してください。

クレカは先に述べたように「信用」に基づいて発行されるので、申し込む際には審査があります。 安定した収入があるか、利用した後の支払い能力はあるかなどの要素を主に重視して審査しています。

また、きちんと期限までに支払いをすることで信用度もあがることになり、利用限度額が増えたりカード自体のランクアップが可能となったりすることにつながります。

クレジットカードの仕組み

クレジットカードはなぜツケ払いができるのでしょう? ちょっと簡単な例を挙げて説明します。

カードで1000円の買い物をしたとします。 その場合、代金となる1000円は、お店側には信販会社が代わりに支払ってくれている形となっています。 そして利用者は、後で信販会社に1000円を支払うわけです。

このように代金を一時的に肩代わりして信販会社が支払ってくれているのが、主な仕組みです。 信販会社は、利用したお店から料金の何パーセントかを手数料としてもらっています。

店側としては、現金の手持ちがない方でもクレジットカードを利用することで買い物をする人が増えるわけですから、当然メリットは大きいのです。